ダイエット

【ダイエット】糖質が太ると言われている3つの理由

こんにちは!りっくんです(@rikkun.fit

糖質ってダイエット中ダメなんでしょ〜

このように考えている人がとっても多くいます

現にお客様でもほとんどの人がこのように考えています。

果たして糖質は本当いだめなのか?

糖質がだめな理由について解説して行きます。

✅糖質が太ると言われている3つの理由

☑️糖質が太ると言われている3つの理由

  1. 血糖値が上がるから
  2. 有害なものがあるから

1.血糖値が上がるから

☑️血糖値が上がることで志望になりやすくなる

炭水化物は糖質と食物繊維からできています。

糖質は、ブドウ糖として体内に入って行きます。

ブドウ糖は、エネルギーとして使われますが余ってしまいます。

その結果、血糖値が上昇し、血糖値を落とすためにインスリンというホルモンが出てきます。

そして、グリコーゲンとして筋肉と肝臓に送られます。

しかし、吸収できる量が決まっているので余ったものは脂肪になります。

これが糖質で太るメカニズムです。

2.有害なものがあるから

☑️砂糖などの体によくないものがあるので太る原因とされています

ブドウ糖は、体のエネルギー源となるので絶対に必要ですが砂糖などの糖質は摂取しなくても良い糖質です

しかし、日本人はとっても多くの砂糖を摂取しています。

砂糖を摂取しすぎた結果太っている人がとっても多くいるので糖質が太ると言われています。

✅糖質制限で痩せる理由

☑️体のグリコーゲンの量を減らす事で痩せる

痩せるためには、エネルギー消費量を増やす必要があります。

体を動かすためのエネルギーとして、最初にブドウ糖が使われ不足する事でグリコーゲンが使われます。

そして、グリコーゲンが尽きると中性脂肪が使われます。

これで痩せて行きます。

なので、糖質を減らしてグリコーゲンの量を減らすことが大切です。

✅糖質制限は脳が回らなくなる?

糖質制限は頭の回転が良くなくなるから仕事に支障出てしまうからできない

このように考えている人がいますが、脳のエネルギーは脂質でも大丈夫です。

脳は、ケトン体もエネルギーにするからです。

中性脂肪を消費する段階でケトン体という物質が肝臓でできます。

脳のエネルギーとなるので糖質制限でも脂質をしっかり摂取することで脳のエネルギーとなります。

✅おすすめ糖質と脂質

✅まとめ

☑️糖質は、血糖値を上げるから太る
☑️糖質には有害なものがある
☑️糖質制限は体のグリコーゲンを増やして痩せる
☑️糖質制限は良質な脂質が必要

こんにちは。パーソナルトレーナーのりっくんです。

ABOUT ME
りっくん
りっくん
目黒・駒込で活動。 多数のモデルやYoutuber担当実績あり。 リバウンドしないダイエット術。 パーソナルトレーニングは、InstagramDMよりお待ちしております(右下のアイコンをクリック) 詳細プロフィールはこちら
ダイエットでお困りの方へ


フリーランスパーソナルトレーナー/講師/SNSコンサルティングとして活動している首藤陸です。パーソナルトレーニング・オンライン食事指導などダイエットに携わるサービスを提供しております。

ダイエットのお悩み相談受け付けております!

都内を中心に初心者から上級者までどんな方々でもダイエットサポートを行っております。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ